病院

4月12日(日)

狂犬病の注射と、フィラリアの薬をもらいに病院へ行って来た。
フィラリアは薬を飲んでいない時期に感染をしていないか血液検査をするので、
ついでに内臓等の検査をしてもらう。

お世話になっている病院は、通常の待合室とは別に、2階の多目的スペースが
イベント等で使われていない時は待合室となる。

今回初めて2階へ行ってみた。
c0135363_111161.jpg

ちょうど誰も居なくて快適♪ 
キャラメルは興味津々、あっちこっちウロウロ。
c0135363_112794.jpg
c0135363_1121451.jpg

パピーパーティーで2度ほど来ておりますが、記憶に無し?

キャラメルがウロウロ中、私は日向に当たりながら編み物。
c0135363_1131920.jpg

c0135363_1133066.jpg

c0135363_113388.jpg


黒プーの男の子がやって来て、ご挨拶。

2階で待っているとインターフォンで呼ばれるが、男性の看護士さんがやって来て、
「先に血液を採血しちゃいますね!」

検査に30分ぐらい掛かるからね。
黒プーも居なくなり、少しして男性の飼い主さんが来たが居なくなり、
キャラメルも戻らず、私は優雅にひたすら編み編み。

しばらくして先ほどの看護士さんが手ぶらでやって来た。
「お待たせしてすみません。結果が出ましたので診察室へお願いします。」

採血後、そのままキャラメルを見ててくれたんだ。Thank you♥

検査の結果は異常無し。
注射も、「感覚ないのか?」と思わせるほどケロリン。

そして、私が一番知りたかったことが発表された。

「体重は、5.65Kgですね。」

「えーーーーーーーーーーーー!!! 5.65!? 600gも増えちゃってる・・・。」

「肥満ではありませんが、あと500g増えると、フィラリアの薬が次の体重のランクに
なるので、金額が上がってしまいます。」

1粒、約600円プラス。それをこれから8ヶ月は飲むとして・・・・・ぶるぶる!!

「増やしません!! 痩せます!!」

「急激に痩せさせる必要はないので、一年ぐらい掛けて落せば大丈夫ですから。」

キャラメルをキャリーバッグに入れてのお出掛け、私はグッタリ来るはずだわ。。。

私は食事担当、パパは運動担当で、400g落しますっせ!
by caramel2007 | 2009-04-20 01:35 | 【犬鳥】日常のこと

2007年7月6日より、動物に特に興味の無い旦那を、「こいつ可愛いな。」と言わせたキャラメルとの生活がスタート♪ どんな毎日になるのでしょうか?


by caramel2007