犬ワクチン

<毎日新聞の記事より>

 犬のジステンパーの予防など、国内で広く使われている混合ワクチンに、感染力のある想定外のウイルスが混入していることが、京都大と英グラスゴー大の調査で分かり、米ウイルス学専門誌に発表した。研究チームは「すぐ感染被害が起きる恐れはないが、ワクチンの検査法や混入を防ぐ製造法の検討が必要」と話す。

 研究チームは、日欧で販売されているネコワクチン4種、犬ワクチン10種を調べた。混入していたのは、細胞内の染色体に入り込むレトロウイルスと呼ばれるタイプのRD114ウイルス。分析の結果、ネコ1種、犬3種に混入し、感染力のあるウイルスの検出量は、ネコが1ミリリットル当たり1.8個、犬は最大1800個。同じ商品でも、ロットによって未混入のものもあった。

 調べたワクチンは生ワクチンと呼ばれ、対象疾患を起こすウイルスの毒性を弱め、生きたまま使う。混合ワクチンでは、製造時にウイルスを増やす際、ネコの細胞を使う。このネコの細胞中のウイルスが混入したらしい。

 ネコワクチンの場合は、ネコ自身が持つウイルスのため、混入しても健康被害はないとみられる。一方、犬ワクチンへの混入について、研究チームは「ほとんどの犬に影響はないだろうが、世界で年数百万頭に接種されており、一部が感染してウイルスの変異が起き、感染拡大の恐れは否定できない」とする。

 現在、動物ワクチンの製造過程では、RD114混入の検査体制はない。宮沢孝幸・京都大准教授(ウイルス学)は「欧州では行政と製薬会社が、分析と対策について検討している。日本でも、ウイルスの危険性の有無の確認や混入の防止法の検討を始めるべきだ」と話している。

********************************************************************


次回のワクチン接種予定は8月頃。 「接種する・しない」は、飼い主の判断になるのだろうか。
c0135363_224014100.jpg

Commented by mucci194 at 2010-02-09 07:12
恐ろしい話ですね。
こちらではまだ聞いた事がありませんでしたが、
徹底的に調べてもらいたいものです。
うちは次回は11月なんですが、その頃は安心して受けられるといいんだけど。
Commented by puapua1018 at 2010-02-10 14:35
そんなことがあるんですね。
恐ろしすぎます。
中国なんて知らないだけで、もっと凄いことがありそうな気がします。
Commented by inunekonotugou at 2010-02-10 22:19
えっ ちょうど、明日か週末にワクチン行くとこです。
毎日新聞には、わんこのワクチンのことも、しっかりした
記事になっているんですね。
行く前に、ググってみます。
Commented by caramel2007 at 2010-02-13 02:59
★mucciさん

欧米は、動物に対しても対応が早くていいですね!
日本は企業の利益優先。 薬害エイズだの、人間に対してだって何十年と掛かるのに、
まして犬になんて、とても期待できません(--)
Commented by caramel2007 at 2010-02-13 03:19
★puapuaさん

猫の細胞を使ってるってことにも驚いたわ!
香港、イギリスだったら対応が早そうだけど、中国に返還されたんだったね。
恐ろしい病気が発症する前に解決してくれるといいのだが。
Commented by caramel2007 at 2010-02-13 03:24
★ぷーとにゃんさん

今まで特に問題は無いから大丈夫なんだろうけど、それでも自分の犬に
ウィルスの変異が起きないとは限らないから、それが怖いわ~。
しかし、なんでワクチンを調査したんだろうね。
何かしらあったから調査対象になったんじゃないのかなぁ。って思わない?
全てのワクチンが検査対象で、それで判明したというのならいいのだけれど。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by caramel2007 | 2010-02-07 22:42 | 【犬】健康・病院 | Comments(6)

2007年7月6日より、動物に特に興味の無い旦那を、「こいつ可愛いな。」と言わせたキャラメルとの生活がスタート♪ どんな毎日になるのでしょうか?


by caramel2007