ラムネ、病院へ行く

■2010年9月14日(火)

健診のため、病院へ行くことにしたが、怪しげな天気に・・・。
c0135363_22412376.jpg

なんせ自転車だから、どしゃ降りされたら困るわ。

悩んでいる私に、「降らないから行っちゃえよ。」という無責任なパパ。
結果、降られずに行けたけど。

またこの中に入れられてしまったラムネは大騒ぎ。
c0135363_2247653.jpg


カゴが入る大きさのマチがあるバッグがあったぁー!
c0135363_22474271.jpg

真冬はどないしよ。。。

自転車に乗って出発です♪
c0135363_225052.jpg


病院に到着。バタバタしたり、鳴いたりするかと思いきや、おとなしかった。
c0135363_2251719.jpg


バッグから出してあげて。やっぱり緊張してるかな?
c0135363_22513825.jpg


いざ、健診。
先生に掴まれている間は、「ジージー」怒ったりすることもあったけど、
ちゃんと診させてくれて、おりこうさん。

体重は32gで適正。体格は、もうちょっと大きくなるかな。

健診といっても、血液を採ったり、レントゲンを撮ったりはしない。
とってもとっても小さな体。大きな負担となるので、基本触診のみなんだそう。

ウンPの検査もやりたかったのだけれど、踏んじゃってどのうんPも台無し。。。
来月にキャラメルが行くので、その時に持って行くことにした。

病院からプリント4枚を頂いた。
1. 小鳥の飼育に当っての注意点
2. 小鳥や極小動物の保温について
3. 極小動物の看護と治療について
4. 鳥の発情防止法

体の小さな動物は、病気の兆候を知った時には手遅れになることが多い。
犬や猫とは体のつくりや扱い方も治療法も違います。
そして覚えておいていただきたいのは、とても「死にやすい動物」であるということです。
と書いてあった。

うんPの状態、エサはしっかり食べているか、寒がってないかなど、
ちょっとした変化に早く気づくことが大事。
c0135363_23133872.jpg

ずーっと健康で過ごせるように、病気にさせないように頑張るからね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by caramel2007 | 2010-09-20 23:24 | 【鳥】健康・病院 | Comments(0)

2007年7月6日より、動物に特に興味の無い旦那を、「こいつ可愛いな。」と言わせたキャラメルとの生活がスタート♪ どんな毎日になるのでしょうか?


by caramel2007