キャラメルのメンタル

震災で受けたダメージに加え、頻繁に発生し、長く続く地震。
デリケートなキャラメルにとって、家はあまり落ち着かない場所になっていった。

安心できる場所は寝室のベッドの下となり、嫌なことがあると速攻そこに逃げる。
ただそこで寝ていることもある。
一日の大半をそこで過ごすと言っても過言ではないほど、大切な場所になった。

だんだん良くなっていった部分もあるので、
「落ち着く場所なら。」と、好きにさせていた。

でも今回の自虐的問題行動で、もう無理だと。
真剣に取り組むことにした。

まず、寝室の扉を閉めて様子を見てみる。
扉をガリガリ。今までは、開けないとふてくされたように、扉の前や近くで寝ているだけ。
今回は違った。行ったり来たり落ち着かず、軽いパニック状態に見える。

先生にも相談した。
「傷を治すのとメンタル面と、どっちを優先にしたらいいのか。」

傷を治すためにはエリカラ着けるとか、寝室に入れないようにするとか、
キャラメルにとって精神的苦痛を与えなければならない。

「難しいですね。」と。 
私達が監視できない時はエリカラ着けるなど、臨機応変に対応することにした。

家に帰ってから、安心できる場所をどうするか悩んだ。

「あっ!! キャリーバッグならいけるかも!!」

ビンゴ!(涙)
c0135363_19291148.jpg


寝室に連れて行っても、速攻バッグさんへ戻るキャラメル(笑)
第一関門クリア。
c0135363_1931782.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by caramel2007 | 2011-08-15 19:34 | 【犬】健康・病院 | Comments(0)

2007年7月6日より、動物に特に興味の無い旦那を、「こいつ可愛いな。」と言わせたキャラメルとの生活がスタート♪ どんな毎日になるのでしょうか?


by caramel2007