病院へ行く

6日午前3時頃、自分のベッドで寝ていたキャラメルは、時々口が「クチャクチャ」言っている。
「食べ物の夢でも見ているかな。」

少しして私の布団へやって来た。まだ「クチャクチャ」やっている。
「ちょっとおかしいな。」と思って、口に手をやると、ビッショリ!!

「吐いたか!?」 

違った。唾液が凄い。「食べ物の夢を見て、ヨダレが出た?」
今までにこんなこと一度も無いし、だとしてもこんなに出るのはおかしい。
取り合えず、口を拭いてそのまま寝た。

朝、目覚めて、いつもの元気なキャラメルがいる。
だが口の回りがビショビショ。拭くと、やはり唾液だ。

起きてリビングに行くと、カーペットに吐いてあった。
たまーーーに吐くことがあるので(決まって朝なんだよね。)
吐くことに関してはなんとも思わないけど、今回は唾液の件もあるし、ちょっと心配。。。

「胃腸の調子が悪いのかな。ご飯、食べないかな。」

いえいえ、見事完食。その後は吐くことなく、元気いっぱい。

でも唾液は出続けるので、まめに口を拭いてあげないとならず、
それでも濡れっぱなし&冷たくなるで、かわいそう。

月曜日の生活で特に変わったことはなく、異物を飲んだとか全く思い当たらない。
キャラメルの様子も、唾液の量が多いということ以外、普段と全く変わらず。

病院へ連れて行った。

口の中に傷はないか等チェック。異常無し。
更に詳しく調べるためには、血液検査、麻酔をして喉の検査となる。
取り合えず、消化器系への消炎剤2種と皮下点滴(水分補給)の注射をして様子を見ることに。
※皮下点滴 犬や猫の場合、皮膚と筋肉の間(皮下)にかなりゆとりがあるため、その皮下の部分に
 比較的苦痛なくたくさんの点滴液を入れることができます。この方法は静脈点滴と比べると
 短い時間で点滴液を投与することができ、かつ血液確保の必要も無く、通院でも実施可能
 な治療です。主として、軽症の場合の水分や電解質の補給に適しています。


散歩は控えた。
運動がいけないと言うより、原因がわかるまで外の物を舐めたり、口の中に入れさせないため。

夕飯は完食。吐かず。
唾液は、夜中も何度も確認したが変わりなく。

そして今日の朝。
吐いてないし、ご飯もしっかり食べた。

唾液の量は昨日よりは減ってるような気がする。


c0135363_1151778.jpg

特に横になると、唾液が口から出やすくなるので、顔回りが余計に濡れる。(茶色い部分)
c0135363_11512846.jpg

口が付いた部分はこんな状態。
c0135363_1224095.jpg

時々、鼻からも出ちゃうんだから。
黄色のマルの部分は、口から出たのが垂れるところ。


今日の午後も病院へ。検査、するかな?
がんばろうね!
by caramel2007 | 2008-10-08 12:05 | 【犬】健康・病院

2007年7月6日より、動物に特に興味の無い旦那を、「こいつ可愛いな。」と言わせたキャラメルとの生活がスタート♪ どんな毎日になるのでしょうか?


by caramel2007