カテゴリ:【鳥】健康・病院( 60 )

またです。

また具合が悪くなった。

急いで保温スペースを作る。
c0135363_00510690.jpg
今回はなかなか食欲が戻らない。
体重はまだ適正範囲。

なんでかな~。

先日、換羽があってどっさりと抜けた。
去年から時々、換羽の時は元気が無いというか、おとなしいというか、
体調の変化に対応できなくなってきたような気がする。


夜はこのまま保温スペースの方がいいような気がしたので、
急いで大きいカイロを買って来た。
c0135363_00513110.jpg
入れ物を作ります!!


by caramel2007 | 2017-03-12 19:36 | 【鳥】健康・病院

体調の変化

一ヶ月以上放置してたのね~^^;;

木曜日の出来事。

仕事から帰って来たら、なんだか様子がおかしいラムネ。
あきらかに具合が悪そうだし、1~2回吐いた形跡あり(;´Д`)

普段は背中を触られることを嫌がるのに、
私の手の中にすっぽり入って、じーっとして超甘えん坊(=具合が悪い証拠)

手に乗せた時、軽っ!!!!!!
体重を量ると・・・・・・マイナス5g!!!!!
ギリ適正。だが、大変だぁーーーー!!!!!

具合が悪くなると体温が下がるので、保温!!保温!!

この材料を使って、大至急保温スペースを作る。
c0135363_04572670.jpg

c0135363_04573259.jpg

湯たんぽに胸まで付けたりして、しばし体を温めていました。

出て来て、ご飯を食べる気になったよう。
c0135363_04573890.jpg
しかし、直後に吐く(;´Д`)
羽がぶわっとまん丸な姿勢は具合が悪い証拠。
寝ずに看病を覚悟。状態によっては仕事を休みます。

また食べる。
c0135363_04573692.jpg
今度は吐かなかった。

ちょっと良い感じなので、鳥カゴの中に戻すことに。
靴の中用のしかなかったけれど、カイロを用意して鳥カゴの中に設置。
c0135363_04575036.jpg
c0135363_04575259.jpg
食欲が出て来たっぽく、よく食べる。
c0135363_04574670.jpg
良くなりますように。
c0135363_04574818.jpg

そして金曜日の朝。

ご飯をパクパク食べて、いつものラムネでした(涙)
c0135363_06064106.jpg


土曜日。

完全復活!!!!!!
c0135363_06003005.jpg
本当に良かった(涙)


by caramel2007 | 2017-02-19 10:27 | 【鳥】健康・病院

体調不良

(土曜日の出来事)

一回ゲボッた形跡あり。入院以来です。
体も怪しいふんわりで、少し体調が悪そう。
c0135363_0574422.jpg

ただ、入院した時ほどの状態ではなく、羽のお手入れをしたりしている。
c0135363_0592563.jpg

それでも殆ど動かず、怪しいふんわりで寝てばかり。

鳥はすぐに体温が下がるので、急いで湯たんぽの準備!!
c0135363_1141030.jpg


体重を量ったら、3gも減っている!!!!!
しかし、減って適正範囲^^;

もしかして、先日替えたペレットが原因かも・・・・・と思い、
大好きなシードだけにしてみたら・・・・・

もの凄くがっついてるんですけど^^;

もしかして、シードしか食べていなくてお腹空いてた?空き過ぎてた??
(シードとペレット両方入れていて、割合は3:7ぐらい)

食べた後、温まりながらお休みzzz
c0135363_17778.jpg

ゆっくり休めるように、リビングの電気を消してあげた。
c0135363_174119.jpg



そして翌日、日曜日。


復活!!!

c0135363_184386.jpg

c0135363_185837.jpg

c0135363_192410.jpg

水浴びもして、超元気(笑)

あ~良かった(涙)
へたしたら、餓死させてたよ(;´Д`)
飼い主としてあるまじき行為(;´Д`)
猛省です。。。
by caramel2007 | 2016-10-03 01:19 | 【鳥】健康・病院

ボッサボサ

羽が抜けて、頭とかボッサボサ(笑)
c0135363_23512566.jpg

順調にツンツン(新しい羽)が生えて来てる♪
折ってしまわないように、頭カキカキも慎重にです。
by caramel2007 | 2016-09-05 23:54 | 【鳥】健康・病院

観察中

羽がたーくさん落ち始めた。
換羽の始まりね。

お手入れに大忙し。
c0135363_23373589.jpg

扉を開けても出て来ないし、出て来てもすぐお帰りに。
c0135363_23382167.jpg


換羽は、体力・精神共に不安定になりやすい。
女性のホルモンバランスが狂うみたいなイメージね。

新しい羽が誕生するまでは、食事の量や羽が抜け過ぎていないか、
日常の様子など要観察なのです。
by caramel2007 | 2016-08-28 23:45 | 【鳥】健康・病院

ラムネのお腹

排泄の時、体勢によってお腹が汚れるようになった。

器に溜まったお水で、水浴びしてくれるタイプならいいんだけど、
ラムネは器と深いのが嫌い。
蛇口から出る水を体に当てたりして、私の手の中で浴びるのが好き。
とっても贅沢(--)

なので、捕まえて、汚れたお腹・お尻・尾羽周辺を
水をたっぷり浸みこませたコットンで洗ってあげるしかなく。

捕まえる時も、洗っている時も怒っているけどねー^^;
洗っている時も、終わった後も、「ごめんね!」言いまくり^^;;

鳥にとって、掴まれることも、水で濡らされることも凄いストレス。

それでも、普通に私の手に乗ってくれるの。甘えてくれるの。
c0135363_5465418.jpg

ありがとう、ラムネ(涙)
by caramel2007 | 2016-07-17 11:03 | 【鳥】健康・病院

ラムネのダイエット

45g→41gに減ったよ!
c0135363_2352452.jpg

目標は38g!!
c0135363_23583376.jpg

あと少し!! 
by caramel2007 | 2016-06-27 00:02 | 【鳥】健康・病院

病院へ行く準備

ラムネのお腹、ポッコリ~(涙)
c0135363_1151694.jpg


暗くしたり、冷房などの寒さ対策にスカーフを使用。
c0135363_1233173.jpg

c0135363_1375288.jpg

このスカーフは香港のお土産で、「センスねぇー(--;」と思って使っていなかったけど、
色といい、素材といい、思わぬところで大活躍(笑)

横の飾りは、自分で編んだモノを使いたかっただけで意味無し(笑)
c0135363_135640.jpg

もう一つは中に。
c0135363_1361636.jpg

齧ったりして、気分転換になればいいな~と。
c0135363_2115087.jpg



電車移動なので、万が一を考えてごはんを持って行きます。
c0135363_1401591.jpg

キャリーの横にマステで留めて。
c0135363_1405523.jpg


バッグは、ライゼンタールのショッパーe1。
c0135363_1543013.jpg

普段、お買い物バッグとして使っています(笑)
素材も、底もしっかりしているし、キャリーを入れても少し余裕があるから
お財布なども入るし、便利!!

だけど、もっと底を安定・衝撃を吸収させたいのでこれを敷きます。
c0135363_1585269.jpg

ハンズで買った、スポーツ観戦なんかの時の携帯用クッション。
素材はEVAなので、洗うことも可能。
キャラメルを自転車に乗せる時にも使っています。

移動中、揺らし過ぎないように、誤って落さないように、通気などなど、
少しでもストレスを軽減してあげたいからね^^

頭がついちゃっう( ̄Д ̄;)
c0135363_2125669.jpg

大きいサイズに替えるかな。
by caramel2007 | 2016-05-23 02:14 | 【鳥】健康・病院

エキゾチック病院

駒込にある、みわエキゾチック病院へ行って来ました。
詳しくはこちら→ 

待合室は広くないけれど、明るく清潔感があり、
初めての病院って少々緊張しますが、過ごしやすい良い雰囲気でした。

診てくださったのは、「鳥類臨床責任者」の先生。
保定はスムーズで、診察も手際良く。
初めて聴診器が出て来た(笑)
そうだよね。鳥だって心臓の音とか聞くべきよね。
あと、ラムネの顔に鼻を近づけて、「発情の匂いが強いですね。」と。
おおー!! 匂いでわかるなんて初めて知ったぞ。

お腹、一部、キサントーマ化。
表面の皮膚は硬いけれど、中はまだ柔らかい。
小さなデキモノも問題無し。

レントゲンとエコーをお願いしました。
通常、鳥の骨の中は空洞ですが、ラムネは今回も真っ白。
発情中は空洞が白くなっているので、「今回もか~。」なんて思っていたら、
先生に、「歩き方、変だったりしませんか。」と聞かれ、「???」
「全く変わりないです。」と。
そしたらね、発情の影響によるものではなかったの。
この白はカルシウムの沈着によるもので、
空洞が埋まってしまっていて、骨が脆くなっているんだって。
傷めたり、骨折しやすい状態になっているということ。
もうショックです。

レントゲンで、小さな粒があった。
これは卵にならずに残った残骸で、「卵管畜卵材症」というもの。
取り出さない限り消えることはありません。

内科による処置は、発情を抑える薬の定期的投与。
あとは外科による処置。今よりは良くなる程度で完治はしません。
メリットとリスクを、わかりやすくしっかり説明してくださいました。

メスの発情は体への負担が大変大きく、10年生きるかどうか。

手術をするかどうかの最終判断は、飼い主がするしかありません。

今回はまず、骨に掛かる負担を少しでも減らすため、体重を減らすことにしました。
主食のシードはカロリーが高いので、副食のペレットを主食に切り替えて行きます。

「最初に診てもらった病院で、食べている量の7割にって言われてそうしたら、
下に落ちているのを食べているから元の量に戻しちゃった。」って言ったら、
落ちているのを食べていてもいいんだって!
エサを探す・・・自分で考えて行動させることはいいことで、
だからエサの位置を変えたりするのもいいし、
また他のことに集中することで発情抑制にもなると。
なるほどっ!!!

こちらの話をしっかり聞くだけでなく、
先生の方からも様々な質問をしてくるので、鳥について詳しいことがわかります。
飼い主の想いまでも受け留めてくれている感じがして、不安も軽くなるし、
会話も事務的ではなく、とっても話しやすい先生でした。

キャリーに入ってから、家に到着するまで約3時間。
悩ましいが、それでもやっぱり知識のある先生に診ていただきたいから、
今後はこちらにお世話になろうと思います。

手術だけはなんとか避けたいなぁ。
by caramel2007 | 2016-05-22 16:14 | 【鳥】健康・病院

鳥を診る

動物病院、圧倒的に「犬猫」の専門病院が多くて、
鳥や小動物を診れるところが少ない。

犬猫以外の小動物を専門とする病院もあるが、
「鳥(猛禽以外)」の知識をある獣医師は本当に少ないと思う。


一年前と比べて、大きくなったラムネのお腹。
更に最近、うんPが体内に残りやすくなって来た気がして。
最悪なことになる前に診てもらいたい。

東京・千葉・埼玉と、探しまくりました。

「ここなら。」と思えた病院は、自宅から電車に乗って、病院まで30分ぐらい掛かる。
凄く悩みました。 
自宅から自転車で20分ぐらいで行けるところにもあるから。
でも、そこは鳥の診察に関しての評価がイマイチで。。。

犬と違って、診察時以外は移動キャリーから出られないから、
c0135363_3193686.jpg

少しでも近い方がいいのよね。

はぁ~。

悩みに悩んだ結果、移動時間30分に決めました。
選んだ理由の一つは、「鳥類臨床責任者」がいること。

エキゾチック系は完全予約制が多く、また土日は混みやすい。
案の定空いているのは火曜日。

仕方ないし、火曜日でも・・・と思っていたら、電話を受けた方が先生に伝えてくれて、
ラムネの状態から土曜日に入れてくださいました(涙)

移動の往復だけで1時間もキャリーケースの中だけど、
少しでもストレスにならないように考えるね!
c0135363_31903.jpg

by caramel2007 | 2016-05-21 01:40 | 【鳥】健康・病院

2007年7月6日より、動物に特に興味の無い旦那を、「こいつ可愛いな。」と言わせたキャラメルとの生活がスタート♪ どんな毎日になるのでしょうか?


by caramel2007